Welcome to

I'm Your F1

安心してネットショップを経営する為に!風評被害への対処法と考え方

  • Post By:
  • Date:

ネットに頼らない販路を確立する

利便性やコストパフォーマンスが認められ、隆盛を極めているネットショップの時代において逆説的な考え方となりますが、一方で起こり得る風評被害のリスクも考え、手間やコストは掛かるもののネットに頼らない販路を確立する事も今後重要となるでしょう。確かにネットショップは便利なショッピング法ですが、商品やサービスの現物を見なければ落ち着かない、変な噂が立っているからこそ現物を見て安心したいというお客様もやはり一定数いるものなのです。彼等に対して現物を見てもらい、安心して購入して頂く販路を提供してあげる事も風評被害を軽減する一つのやり方となるでしょう。

法的な後ろ盾を持って店舗運営に取り組む

ネット上にアップされる言われ無き誹謗中傷。それらの風評被害を防ぐ一つの方法として、誹謗中傷記事が掲載されているネットプロバイダから、それらの掲載元となるIPアドレスの開示を求める開示請求が出来る事を知らない人も意外と多いものです。またプロバイダに対し、誹謗中傷記事の掲載元に対してその記事の削除を求める請求を起こす事も可能となっています。プロバイダ責任法と呼ばれるこの法律を後ろ盾にする事により、より安心の店舗運営が可能となるでしょう。

最悪な事態となる前に警察に連絡という方法も

商品やサービスに対しての誹謗中傷に留まらず、それを販売・運営するオーナーやスタッフに対しての過度な誹謗中傷や強迫は、単なる風評被害だけでなく物理的な被害に繋がる可能性も否定出来ません。これらの脅威から少しでも早く開放される為にも、これらの誹謗や強迫を繰り返し受けた場合は速やかに警察に連絡・情報開示を行い、然るべき処置を行ってもらうのがベストでしょう。脅迫罪や恐喝罪として立件可能な事案も含まれるケースが多く、我慢や躊躇をしないのが大事です。

誹謗中傷対策の方法には、悪質な書き込みを削除するための申請や、検索結果の上位から後退させる逆SEO、ネットワーク上の誹謗中傷を監視する方法などが挙げられます。